“働き方”が変る!

21世紀は “人材資本主義”の時代と言われるように働き方に変化が生じています。
日本では「改正派遣法」や「女性活躍推進法」が成立し、働き方が変ってきました。様々な法改正とともに「会社員在宅勤務」を打ち出した企業も広がっています。会社に出勤せず、自宅でも喫茶店でも好きな場所で仕事をしていいという制度で、結果を出す仕事であれば出社はほとんど必要ないそうです。
また、この10月から「週休3日制」 がスタートするのがユニクロで、1日の就業時間が8時間から10時間に変るため給与水準も同じです。有休が年間60日ある企業は、実際には週休3日制と同じですが毎週休暇を取るには難しいのが現実で、働き方を変えることが必要な時代となっています。こうした働き方の変革は企業のリスクマネジメントを変えることにもなり、時代の変化に対応した保険の在り方も変っていきます。社会の潮流を見抜く“魚の目”が必要な時代ですね。

オフィス

コメントは受け付けていません。