「フィンテック」で金融が変る日

「フィンテック」Finace(金融)とTechnologe(科学技術)を組み合わせた造語ですが、モバイル決済やインターネットを通じた資金調達などのあたらしいサービスの提供で、経済省も研究会を立ち上げています。みずほ銀行が銀行業界初のロボットによる資産運用助言サービスを開始したように保険の申し込みや送金などがモバイル端末のワンクリックで可能なように、数年後にはそれが主流になり、銀行の支店や保険の外交員が激減しそうな行き追いです。
融資や決済を担ってきた銀行に代わり、ITや流通などが台頭するのです。今でもドコモが生保を売り、損保ジャパン日本興和が介護事業に進出し、コンビニが病院でサービスを幅げるなど新しい仕組みづくりが初まっています。顧客のデータを持つネット銀行は顧客に対応した住宅ローンや教育ローンなども手掛けており更に充実したサービスを提供していくでしょう。そうした便利さのなかでも、face to faceは究極の絞りだと思っています。

フィンテック

コメントは受け付けていません。