文豪シェイクスピアと保険

シェイクスピアの戯曲「ベニスの商人」は、架空の都市ベルモントを舞台に1558年頃を題材にした喜劇の物語で、ご存知の方も多いと思います。高利貸のシャイロックからアントーニオが親友のために、自らの肉1ポンドを抵当にお金を借りるのですが、自分の所有する商船が難破し返済不能となり、シャイロックの訴えで裁判では契約通となるのですが、粋な判決は「肉は与えるが血は一滴たりとも許さぬ」と言いわたす物語です。恋や笑いやスリルがある展開で、今でも有名な俳優たちの憧れの戯曲です。この物語の舞台となった頃は、保険に関連した「海事法典」や保険に関する様々な法規や規則が設けられ、シェイクスピアがこの戯曲を発表した1597年の翌年、アムステルダムに保険会社が設立されています。シェイクスピアが保険に関心が高ければ、「ベニスの商人」も違った物語になっていたかも知れませんね。

水路

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>