世界は新税ラッシュ

日本では4月から消費税が上がりますが、世界各国も厳しい財政事情や健康社会を目指した、新しい税金が導入されています。
ハンガリーでは肥満予防にアイスクリームやポテトチップスに税金を掛ける「ポテチ税」が始まりました。ニューヨークでも、甘い清涼飲料の大型ボトルに税金を掛けたり、動脈硬化のリスクを高めるトランス脂肪酸の使用が禁止され、マーガリンや揚げ物、お菓子がピンチです。
また、ハンガリーでは「ポテチ税」だけではなく、消費税に当たる付加価値税を25%から27%に引き上げたり、自賠責保険業者に掛け金収入の30%を納めさせる「事故税」や文化財保護の財源名目で、成人向け映画や雑誌などに「ポルノ税」まで導入しています。
また、ルーマニアでは国内に千人以上いるとされる呪術師や占い師を対象に「魔女税」が考案されましたが、これは見送りになったそうです。
日本でも「死亡税」などが議論されていますが、さてどうなるのでしょうか。

ハンガリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>